12月21日 研究会 「ゲノム診療用病理組織検体の取り扱いと精度管理」
(公社)愛知県臨床検査技師会

遺伝子・染色体検査研究班

12月21日 研究会 「ゲノム診療用病理組織検体の取り扱いと精度管理」

開  催  日 2019/12/21 15:00~17:00
開催場所 リップルスクエア

開催内容

講 師:

1.「EGFR遺伝子変異陽性NSCLCの治療と検査」

           アストラゼネカ株式会社 畑中 聖哉

2.「ゲノム検査に向けた組織固定」

           愛知県がんセンター 吉野 聡

3.「ゲノム医療を見据えた病理組織検体の取扱い ~ DNAの質と影響~」
           名古屋第二赤十字病院 岩田 英紘

司 会:

 JA愛知厚生連 渥美病院 森 三希子

 JA愛知厚生連 安城更生病院 杉浦 記弘

 

内容:

6月より「がんパネル検査」の保険適用が認められ、「がんゲノム医療」が急速に進み始めています。前半は最新の肺癌治療と検査について、後半では、遺伝子検査を適切に行うために病理組織検体をどう処理するか、DNAの質をどのように担保していくのかなど、各施設の実運用を踏まえて講演して頂く予定です。多数のご参加お待ちしております。


PAGETOP